WORKS > 妖怪精霊  > 内部から沸く公家

 陰陽を四つに分けると、陽陽、陽陰、陰陽、陰陰であり最後の〝陰陰〟の表現の主な作品は首かじり、蚯蚓の怪、内部から来る公家の三作品です。色の解釈の順序として黒、赤、白の三色が意味を持っていると思います。黒は念の籠った情念の世界。赤は籠った念を外側に発散する情熱の世界。白はそれらの念が浄化され枯れている世界。首かじりの黒不浄、蚯蚓が体外に湧き出る蚯蚓の赤、そして魔を吐いて白く枯れた内部から沸く公家です。この三作品で自分の中の〝陰陰〟の表現は終わりと感じました。

内部から沸く公家(ないぶからわくくげ)

2016 岩絵具、墨、透明水彩、ペン、絹

120×42.5㎝

© All rights reserved by Tomiyuki Kaneko

  • Instagram